移設するべきではない!?エアコンの寿命から考える

早いもので1月も中旬になりもうすぐ引っ越しシーズンだなと毎年思います。
みなさまの中にも会社での異動や入社、入学、退学など様々な理由で引越しされる方もいるでしょう。

先日、異動に伴いエアコンを移設したいということであるお客様よりご相談をお受けました。
現在の住まいには10年ほど住み、その際のエアコンは前の住宅から移設してきたもので最初に設置されてから13年近く経っているとのことですが、効きは特に問題なく、まだ使えそうとのことです。

しかし、10年近く経過したエアコンの移設はおすすめできません!

エアコンの寿命はメーカーより10年とされており(標準使用で)、買い替えの目安とされています。もちろん、20年近く問題なく動作するエアコンもありますが、数年で壊れるエアコンもあります。こればっかりは”機械の特性”または”運”という他ありません。

10年以上経ったときの1番の問題点は、壊れた時の修理部品がない可能性があることです。
メーカーの部品保有期間は9~10年のため、基盤等の故障の際は修理不可というケースが非常に多いので必然的に買い替えとなります。

13年経過したエアコンを20,000円弱かけて移設してすぐ壊れたら(可能性は高い)その工事費用が無駄になってしまいますよね。ましてや6畳用の新品エアコンがその工事費用+30,000円くらいで買える時代です。また、2~3年落ちの中古エアコンなら程度も悪くないものが安くネットで購入できます。

長い目で考えた場合、10年近く使用したエアコンは処分して新しいエアコンにした方が良いかと思います。
上記の内容をお客様に伝えたところ、今回の移設は考えるとのご判断でした。

意外と10年~20年近く経過したエアコンの移設を考えるお客様も多く、その理由は「まだ動くから」がほとんどです。しかし、さすがに20年近いエアコンの移設工事に関しては取り付けをお断りせざるを得ませんので、取り外し・処分をおすすめしております。

引越し時のエアコン移設の判断の参考になればと思います。

エアコン工事はネット業者に依頼すると安い。

「家に1台」の時代から「部屋に1台」となり、エアコンは生活に欠かせないものとなっています。

しかし、普通の家電と違ってコンセントに電源をつないだだけでは使えないのがエアコン。取り付けはもちろん、取り外しも専門業者による工事が必要です。

インターネットが普及するまでは、家電量販店や町の電気屋さんでエアコンを買って、同時に取り付けするという方法が主流だったと思います。しかし、このネット時代でのその方法は”昔のもの”となっています。

「エアコン 取り付け 静岡」で検索してみてください。多くのエアコン工事業者さんがヒットしますね。ポータルサイトに登録している業者さんもいれば自社ホームページを持っている業者さんもいます。

お客様は直接それら業者さんにエアコン工事をお願いできるので、従来必要とされていた仲介業者(元受け会社)の仲介費用がないのは、容易に見積りをとり、安くやってくれる業者を見つけやすくなったはずです。

また、エアコン業者間の競争により価格も下がっています。ここまで下がると大手量販店などはなかなか太刀打ちできないと思います(その他サービスで対抗するしかない)。今は量販店もエアコン購入時の取り付け費用はネット業者と(基本工賃については)大差ないですけど、外注のエアコン業者に低単価で複数台依頼しています。いわば、業者にとっては薄利た売りです。

時間に追われた雑な工事も目立ちます。

同じ13,000円の仕事でも量販店の下請は10,000円程度しかもらえないのでその程度の仕事の質になってしまうでしょし、方や、ネットの直接取引の業者さんはちゃんと13,000円分の仕事をしてくれるでしょう。

”エアコンはネットで買って、工事業者もネットで探す”

のが最も良い方法だと思います。もし、「現物を見て、相談しながら買いたい」という人は電気屋さんに行って店員と話し、希望エアコンの型番を控えて、ネットで検索・購入という方法をとってみてもいいかもしれません。