移設するべきではない!?エアコンの寿命から考える

早いもので1月も中旬になりもうすぐ引っ越しシーズンだなと毎年思います。
みなさまの中にも会社での異動や入社、入学、退学など様々な理由で引越しされる方もいるでしょう。

先日、異動に伴いエアコンを移設したいということであるお客様よりご相談をお受けました。
現在の住まいには10年ほど住み、その際のエアコンは前の住宅から移設してきたもので最初に設置されてから13年近く経っているとのことですが、効きは特に問題なく、まだ使えそうとのことです。

しかし、10年近く経過したエアコンの移設はおすすめできません!

エアコンの寿命はメーカーより10年とされており(標準使用で)、買い替えの目安とされています。もちろん、20年近く問題なく動作するエアコンもありますが、数年で壊れるエアコンもあります。こればっかりは”機械の特性”または”運”という他ありません。

10年以上経ったときの1番の問題点は、壊れた時の修理部品がない可能性があることです。
メーカーの部品保有期間は9~10年のため、基盤等の故障の際は修理不可というケースが非常に多いので必然的に買い替えとなります。

13年経過したエアコンを20,000円弱かけて移設してすぐ壊れたら(可能性は高い)その工事費用が無駄になってしまいますよね。ましてや6畳用の新品エアコンがその工事費用+30,000円くらいで買える時代です。また、2~3年落ちの中古エアコンなら程度も悪くないものが安くネットで購入できます。

長い目で考えた場合、10年近く使用したエアコンは処分して新しいエアコンにした方が良いかと思います。
上記の内容をお客様に伝えたところ、今回の移設は考えるとのご判断でした。

意外と10年~20年近く経過したエアコンの移設を考えるお客様も多く、その理由は「まだ動くから」がほとんどです。しかし、さすがに20年近いエアコンの移設工事に関しては取り付けをお断りせざるを得ませんので、取り外し・処分をおすすめしております。

引越し時のエアコン移設の判断の参考になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です